公益財団法人川喜多記念映画文化財団

千代田区一番町18番地 川喜多メモリアルビル

第37回 川喜多賞贈賞のお知らせ

「川喜多賞選考委員会」における厳正なる選考の結果、
本年度の川喜多賞は、

市山 尚三 氏 プロデューサー/ 東京フィルメックス・ディレクター

に贈賞することを決定いたしました。


←前回の受賞者

●業績並びに贈賞理由

 1987年松竹に入社後、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督作品などを製作する一方、東京国際映画祭では「アジア秀作映画週間」の作品選定を担当し成功に導きました。また2000年に立ち上げた「東京フィルメックス」においてはプログラム・ディレクターを務め、精力的にアジア、中東の優れたインディペンデント映画・作家を紹介し、商業ベースでは果たせない、映画芸術・文化の国際交流に力を尽くしてきました。この間、映画プロデューサーとして賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督作品を手掛ける等の活動を続け、作ること、見せることの二つの才能を駆使し、熱い思いを持ち続け「映画文化」を支えてきたその業績を高く評価し、ここに川喜多賞をお贈りいたします。










▲昨年までの川喜多賞受賞者一覧へ